沿革

1951    小松製作所、ロストワックス法の研究着手
1962    小松製作所、ハウサウンド社より、精鋳技術を導入、
            IHI向けにライセンス生産開始
1972    小松製作所とハウメット社が50%対50%の出資にて、
           合弁会社「小松ハウメット(株)」を設立
1976    米国ソーラータービン社向け輸出開始
1977    航空機部品用アルミ精鋳の生産開始
1979    PWA(米)、PWC(加)の認定を取得し、輸出開始
1983    大型真空溶解炉設置
1984    ハウメット社より、結晶細粒化技術を導入
1985    ハウメット社より、DS/SC技術を導入
1992    寺井工場新設(第一期)
1995    寺井工場の第二期増築工事を実施し、
           大阪の本社工場を寺井へ全面移転統合
1997    年商が初めて50億円台となる。DS溶解炉能力アップ
1998    出資比率変更有り→新比率(HC:コマツ=81%:19%)
           ISO9002:1994 認定取得
2000    ハウメット社の100%子会社となる。(4月10日)
           社名を「ハウメット・ジャパン(株)」に変更
           工場棟の第三期増築工事を実施、DS炉増設
           アルコア社が、ハウメット社を買収(5月)
2002    ISO9001:2000 認定取得(移行)(2月)
           第四期増築工事実施(7月)
2003    ISO14001:1996 認定取得
2005    AS9100 Rev B 認証取得

 

「HOWMET」社名の由来
・・・前身の「ハウサウンド社」の""How""に「Knowhow in metals」の""met""を加え合成したもの。

ハウメットグループ
Click image to enlarge.



世界のハウメット社